食生活を改善して母乳の量を増やすことができる!

親子

出ない時の対処法

母乳の量が少なかったり出にくかったりという悩みは、多くの母親が持つ悩みです。焦らずに以下のような対処をしましょう。まず、授乳回数を増やし、赤ちゃんと触れ合うことでホルモンの分泌を促しましょう。そして、水分を多く取り、ヘルシーな食事をして水分不足、栄養不足にならないようにしましょう。

授乳期にはサプリを活用

赤ちゃんと女性

母乳の量を増やすためには、サプリメントを使ってみるといいです。選び方としては、成分を中心に選び、サプリメントの形、保存性が高いかなどを基準に選んでいきます。また、飲むタイミングもあるので、きちんと守りましょう。

ママの血液がベビーの栄養

乳児

良い血液を作る方法

母乳量を増やすには頻繁に授乳したり入浴やフットバスで身体を温め血液の巡りを良くしたりといった方法がありますが、やはり食生活を見直すことが肝心です。母乳は血液からできているので血の量を増やすことが母乳の量につながるからです。飲み物1つを摂るにしても、冷たいミネラルウオーターや麦茶より温かくしたもののほうが母乳のためには良いので覚えておいてください。根菜類は身体を温めるのは最適の食材です。芋やレンコン・ゴボウなどは豚汁やポトフなどで似て食べる事が多いため、素材の効果と相まってよりメリットが大きいです。鉄分やたんぱく質・カルシウムを摂る事は血液を作るのに役立ちます。肉やレバー・ほうれん草などは特に良いといわれているので積極的に取り入れるようにしてください。昔から言われている滋養のある食べ物にも効き目があります。鯉こくやすっぽんのスープなどがこれにあたりますが、なかなか手に入れるのは難しいのが難点です。入手が困難なものや苦手な食材があってもあきらめることはありません。研究が進んだ今日では健康食品から様々な栄養素を摂る事ができるようになっています。厚生労働省が推奨する葉酸サプリなどもその1つで、鉄分を含んだものもあります。すっぽんもサプリならお財布にも優しいです。母乳サプリの良いところは何より手軽なことです。赤ちゃんのお世話だけでも大変な新米ママにストレスがかかってはそれだけでも母乳の量が減ってしまいます。食事で補いきれない分は安全性に配慮した健康食品などで補助しながら、母乳の量を増やしてください。

出産後に摂取したいサプリ

婦人

母乳は赤ちゃんが直接口にするものですから、質の良い母乳を与えたいものです。そのためにはお母さんがいつでも健康でいることが大切なのです。これは母乳の量にも影響していきます。ストレスを溜めないようにして休める時はとにかく寝ることです。そして不足しがちな栄養分をサプリメントで補って育児を楽しんでいきましょう。