食生活を改善して母乳の量を増やすことができる!

レディ

出ない時の対処法

赤ん坊

焦らず対処する

母乳が出にくかったり量が少なかったりという悩みは、ほとんどの母親が持ったことがあるでしょう。こう感じた時の対処法を紹介します。まず初めに、母乳の量が少ないのではと考える目安。これは、赤ちゃんの体重が増えない、または減っている時、そして赤ちゃんの排尿や排便回数が少ない、母乳をあげる間隔が短いといった事態が見られる時です。母乳の量が少ないという事態は先程も言ったように、ほとんどの母親が経験する母乳育児中の悩みで、よく起きることです。なので、自身をなくしたりストレスを感じることなく、焦らずに対処しましょう。母乳を出すには、母乳を生成するプロラクチンというホルモンと、それを押し出すオキシトシンというホルモンが重要です。これらを増やすために以下のことをしましょう。まず、赤ちゃんへの授乳回数を上げましょう。赤ちゃんが乳首をすって刺激することでプロラクチンが多く出て母乳の量は増えます。そして、赤ちゃんとの接触を増やしましょう。授乳だけでなく、泣き声を聴く、肌に触れるといった行為でオキシトシンが分泌されます。その他に、水分をよくとることと食生活を見直すことも重要です。水分が足りないと母乳が出にくくなるため、体を冷やさないように温かい飲み物をよく飲みましょう。また食生活では、栄養不足にならないために野菜を多く摂り、逆に高カロリーや高脂肪のものは摂らないようにしましょう。アルコールは赤ちゃんにも影響を与えるので絶対飲んではいけません。以上のようなことを心がけるだけで、母乳の量は増えるでしょう。試してみてください。